マンション経営の負担軽減|賃貸管理を任せるなら|空室知らずで大儲け

賃貸管理を任せるなら|空室知らずで大儲け

マンション経営の負担軽減

積み木の家

マンションで行うべきこと

マンションにせよアパートにせよ、集合住宅に変わりはありません。集合住宅では一戸建てとは異なり一つの建物に複数の世帯が入居することになります。このため、建物の管理は賃貸にせよ分譲にせよオーナーや居住者が共同で行うことが求められます。賃貸マンションの場合にはオーナーがその管理業務を行う必要があり、また分譲マンションでは住人がマンション管理組合を作ってその管理業務を行います。マンション管理では共用部分の清掃や修繕、またエレベーターやインフラ関係の保守点検および修理の手配などです。これらはオーナーや管理組合そのものが行うことも可能ですが、専門知識が必要なところもあるなどハードルがやや高いものです。このためマンション管理を専門に行う会社に外部委託するのが一般的です。

外部委託のメリット

マンション管理を専門に行うのは不動産会社や専業のマンション管理会社です。日本ではマンション管理に関する法整備が整っており、現在ではマンション管理業は登録制度となっており、無登録業者は処罰の対象となっています。登録そのものは個人でも法人でも出来ます。登録を行うためには管理業務主任者を置かなければならず、その点においても安心して利用することができます。マンション管理の多くは大手の管理業者が行っている傾向にありますが、管理業務そのものはそれほど頻繁に行うものではないので小さな不動産会社や個人が複数のマンションを掛け持って行っているところもあります。メリットとしてはより専門知識のある管理者を置くことで適正な管理が可能です。