都心立地への回帰|賃貸管理を任せるなら|空室知らずで大儲け

賃貸管理を任せるなら|空室知らずで大儲け

都心立地への回帰

住宅

都心立地への回帰

サラリーマンの副業として、不動産投資の中でもここ20年常に高い人気を誇るマンション経営ですが、ローンの組み方、マンションの立地、家賃の値下がり、修繕費用の計上といった点に注意することで、リスクを抑え、成功の可能性を大幅に上げることができます。その中でも最近よく見られる問題の一つとしては、マンションの立地問題があります。一時期地方のマンションの建築、投資物件としての購入が、低い投資額で行えるという理由で流行ったことがありました。特に大学のキャンパスの近くなど集客が見込める場所に建てられましたが、近年の人口減少により、都心部への人口集中化が見られ、大学のキャンパスも続々と地方から都心へ移動されました。都心部に人口が一極化する流れの中、マンション経営も需要が高まる都心立地を狙うことがより効果的になってきています。

人気の立地条件

日本の人口が減少する中、東京都の人口は逆行するように増え、都心回帰の現象は進み続けています。そのため、都心の物件の価値が上がっています。失敗しないマンション経営のためには賃貸需要の高い都内の物件を選ぶことがおすすめされ、その都心の物件の中でも特に人気が高まっている物件があります。それは単身世帯向けのマンションです。その原因としては、未婚者・離婚者の増加が多くあること、また最近の外資系企業の誘致政策による中長期間の国内滞在者が急増していることなどがあり、単身世帯の割合が増加傾向にあります。また、近年サラリーマンの中で時間の有効活用化の流れが強くなり、通勤時間を短くするために都心部の中でも駅に近い好立地が再び人気になっています。上記のようにマンション経営においてリスクを回避し成功の可能性をあげるためには、都心回帰の時流を知り、需要の高い立地、世帯種類を選ぶことが肝要です。